ダイエットと女性ホルモンの関係

ダイエットと女性ホルモンの関係

女性ホルモンはエストロゲン、プロゲステロンの2種類があり、ダイエットに大きく関わってきます。そんな女性のダイエットについてこのサイトで解説していきたいと思います。ご参考になれば幸いです。

ダイエットと痩せる女性ホルモン

ダイエットを行うには、計画的な食事の変更は欠かせませんが、意外に見落としがちな原因があります。
女性ホルモンは、バランスが崩れる事によって、肥満や健康といった様々な問題を引き起こします。
女性には、生理や排卵といった周期的な体の機能がありますが、ホルモンの乱れでリズムは狂い始めます。
周期の乱れは、体の不調だけではなく、精神的な不安定さを引き起こす引き金になります。
体の不調は、食事の消化吸収が乱れる事によって、必要な栄養素が不足する事が原因の一つです。
また、精神の不安定は、暴飲暴食の切っ掛けになるので、これもダイエットを妨げる原因になります。
ダイエットは、健康的な状態があってこそ実現するので、痩せる取り組みと同じく女性ホルモンの安定化が必要です。
健康な精神は、健康的な体から生まれるので、体調を整える事がダイエットの基本といえます。
生理期間の場合は、誰にでも不調は発生する期間ですし、女性ホルモンの乱れがダイエットには向きません。
しかし、無理をしなければ運動は出来るので、軽めの内容でダイエットを継続する事は可能です。
むしろ、女性ホルモンの特徴と変化を理解出来れば、効果的なダイエットを行う事も不可能ではありません。
女性ホルモンの一種エストロゲンは、女性にプラスの働きを行うホルモンです。
エストロゲンが多く分泌される時は、体の調子が良くなったり、集中力が増して行動力が高まります。
この時に運動を行えば、ダイエット効果が通常より引き出せるので、痩せる取り組みに適した期間になります。
エストロゲンは、体に脂肪を付き易くしますが、同時に消費効率を高める効果もあります。
分泌量が高まる時期は、女性の生理期間中で、この時の取り組み方が痩せる目的を達成する鍵になります。

太るホルモンとダイエット

ストレスが溜まると太りやすいと、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
イライラしてしまって、ついつい暴飲暴食してしまい体重が増加してしまった、また食事量は変わっていないのにも関わらず、お肉がついてしまったというケースも少なくありません。
なぜ、ストレスを感じると太りやすくなるのかというと、「コルチゾール」というストレスホルモンによって、太りやすい体質になってしまうからです。
脳がストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが分泌します。
コルチゾールは誰でも分泌されるホルモンなのですが、過剰に作られてしまうと、ダイエットの大きな弊害となるのです。
コルチゾールが増えすぎてしまうと、脳内ホルモン「セロトニン」の分泌が低下してしまいます。
セロトニンは食欲を抑えるホルモンですので、少なくなってしまうと食べ過ぎてしまう傾向にあります。
ストレスを感じ暴飲暴食に走ってしまうのは、セロトニンが大きく関わっているからなのです。
食事をした際、血糖値が上がる事から「インスリン」というホルモンが分泌されます。
コルチゾールはインスリンの作用までも、弱めてしまいます。
インスリンの作用が弱まると、いつも以上にインスリンを多く分泌して、体は対応しようとします。
実はインスリン、別名「肥満ホルモン」と言われているホルモンです。
インスリンが増えれば増える程、脂肪が体に蓄積されやすくなる為、太りやすい傾向にあります。
この他にコルチゾールは、筋肉を作る成長ホルモンの分泌を阻害する働きもあると、言われています。
このように、ストレスを感じるとダイエットの効果を半減してしまうような、様々な障害が起こるのです。
ダイエットを効率的に進めるには、ストレスをなるべく溜めない、リラックスできる時間を設ける事が大切です。

女性のダイエットの最適な時期

女性は、男性よりも筋肉量が少なく基礎代謝量も少ないです。
また、妊娠や出産に備えて下半身に皮下脂肪がたまりやすくなっています。
無理な食事制限などの過激なダイエットを行なうと、女性ホルモンのバランスが崩れて生理が止まってしまうことがあります。
女性のダイエットの最適な時期は、排卵前後期である生理初日から10日から18日前後です。
生理後は、エストロゲンが分泌される時期です。
エストロゲンには、女性を女性らしくしてくれるホルモンであり、脂肪燃焼率を上げる働きもあります。
また、分泌量が増えることで、肌ツヤがよくなり、心身ともに安定しやすくなるため、ダイエットに適しているとされています。
この時期は、効率的に痩せることができるため、食生活に気をつけ、積極的に身体を動かすことです。
他の時期に比べるとホルモンバランスが安定しているため、多少きつい筋トレなども併せて行うことでより効果が上がります。
ただし、排卵日には、おりものが増えたり、体調を崩す人もいるため、体調に合わせながらダイエットする必要があります。
反対に、この後の期間は、ダイエット効果が出にくくなります。
生理予定日の1週間前からは、体が水分を蓄えようとする時期のため、体重が増え気味になります。
この時期に無理なダイエットを行なうとホルモンバランスが崩れて排卵などに影響を及ぼすことがあります。
排卵前後期を把握するためには、自分の生理周期を知ることが大事です。
生理周期は、毎朝起きた時に基礎体温を知ることで把握することができます。
自分の身体のリズムを知ることで、ダイエットしやすい時期やイライラしやすい時期を知ることができるため、スケジュールの調整がしやすくなります。